建物を守るために大切なこと【外壁塗装の役割】

塗装工事の注意点

クレーン

建物の老朽化を防いだり、建物の断熱効果や保温効果を高めたいのであれば、外壁塗装工事を行う事は有効な手段です。外壁塗装工事を行う上で注意すべきポイントは大きく2つあり、まず1つ目は自宅の性質をよく理解した上でそれに最適な工法を選択するという点です。外壁塗装の工法には様々な種類があり、使用する薬剤も異なればその効果も異なります。工法によっては木材住宅では高い効果が見込めるものの、コンクリート構造の住宅ではあまり効果が見込めないというような工法もあります。そのため、効果の最大化を図るためには、自宅の性質をよく理解した上で工法を選択する必要があるのです。第二の注意点は工事を行うと近隣に影響が出るため、事前に知らせておかないと近隣住民とトラブルになる可能性があるという点です。

外壁塗装はリフォーム工事の中ではそれほどコストは高く無い方ですが、それでも数十万円はしますし、建物が2階建てや3階建てだったりする場合は足場を作るためのコストが追加でかかったりするので決して安いものではありません。少しでもコストを抑えて工事を行いたいのであれば、複数のリフォーム工事会社から見積もりを取り、価格を徹底的に比較した上で工事を依頼する必要があります。また、リフォーム工事会社も繁閑があり、同じ工事であっても工事を行う時期によって料金に変動があります。少しでも安く工事を行いたいのであれば、あまり工事依頼が入らない雨季のシーズンを狙ったり、業者が売り上げを気にする決算期前などに依頼をすると安く行える場合があります。